夜行バスを活用しよう!厳選6サイト

top > 夜行バス情報 > 夜行バスを利用するメリットと注意点

夜行バスを利用するメリットと注意点

 夜行バスを利用する一番のメリットは、何と言っても料金が安いということです。
例えば東京から京都まで移動する場合、新幹線であれば1万数千円程度かかりますが、夜行バスなら数千円程度で済むため、1万円もお得になります。
特に利用者の需要が少ない便は格安になるため、より安く利用したい場合はそうした格安便を狙うのもよいでしょう。
そして夜行バスは、夜から朝にかけて移動するため、本来であればホテルなどへ宿泊する費用がかかってしまうところを実質タダで済ませることが出来ます。
ですので出来るだけ移動費や宿泊費を節約したいという場合に、夜行バスはうってつけの移動手段になるということです。
また節約以外にも、その浮いたお金で豪華なグルメやショッピング、レジャーなどを楽しむことも可能だと言えるでしょう。

 夜行バスは料金が安いことが魅力ですが、それ以外にもメリットが沢山あります。
まず挙げられるのは、朝早く現地に到着することが出来るため、観光などの時間がたっぷり取れるということです。
到着時間は移動距離などにもよりますが、ほとんどの場合、昼前に到着することが可能でしょう。
次に挙げられるメリットは、運行路線が豊富なため、より目的地に近い場所で下車することが出来るということです。
新幹線や飛行機の場合は、駅や空港で一旦降りて、さらに目的地までバスなどで移動する必要があります。
しかし夜行バスの場合は、主要ホテルや観光地などの目的地に近い場所での下車も出来るため、乗り換えなしでの移動も可能です。
さらに夜行バスは、深夜眠っている間の移動になるため、実質的に移動時間の節約になるというメリットもあります。

 一方で、夜行バスを利用する際に注意しておきたい点もあります。
それは、眠れなかったり疲れたりといった、身体への負担がかかる場合があるということです。
バスの座席は眠るための設計がなされているわけではないため、慣れないと眠れないという場合があります。
それに眠れたとしても、ベッドで眠るような体勢とは違うため、疲れが残ってしまうという場合もあるでしょう。
ですので、その点はあらかじめ考慮した上で利用する必要がありますし、体調がすぐれない時は利用を控えた方がよいと言えます。
また、ちゃんと眠れるかどうか分からないという場合は、安眠を助けるようなグッズを用意しておくとよいでしょう。
夜行バスにぴったりの安眠グッズとしては、アイマスクをはじめ、耳栓や、首に巻くように装着できる専用まくらなどがおすすめです。

次の記事へ

TOPへ戻る